駐車場

賃貸物件 知識学

マンション形態

賃貸事務所1

賃貸事務所2

駐車場

敷金トラブル

お問い合わせ

駐車場

引越しをする際に、車を所有している方は、駐車場の契約をする必要があります。

駐車場の種類

駐車場には、一般的な駐車場の形態として、平面駐車場と立体駐車場があります。立体駐車場の場合は、屋上でなければ雨には濡れないので、車の汚れも少ないでしょうし、雨による劣化もないといって良いでしょうが、平面駐車場は雨に濡れてしまいます。しかし、その分平面駐車場の方が安いとされています。この辺は、その人次第となるので、なんとも言えませんが、郊外では、平面駐車場が多いようです。

また、使用契約による違いもあります。コインパーキングのように、15分いくらとか、1時間いくらなどの計算が行われます。基本的に時間貸し契約とされ、都市部に多く、小規模なら、ロック方式のような物が、大規模ならゲート方式の物が多く、基本的にコインでの支払いになります。

日貸しの場合には、1日いくらの計算になり、主に空港などで見かける事が多く、小旅行者や長期旅行者が車で来た場合に使用されることが多いようです。鉄道駅やバスターミナルでも見かける事もあります。1日にいくらと言う計算になりますが、小時間、1時間や2時間の場合には、時間貸し契約のような形態をとるようです。

月極めの場合には、家賃のように、1ヶ月にいくらという計算になります。オススメはこの方法です。月いくらと言う計算になりますので、家賃と一緒に収める方法が計算しやすく、分かりやすいのでいいと思います。他にも、1年契約と言うのがありますが、出張と言う方はの場合も考えられるので、1ヶ月いくらと言う方がいいと思います。

契約と解約

駐車場を借りる際にも、賃貸住宅と同じような契約内容があります。そのため、駐車場を借りるときにも、敷金・礼金があります。「同じような」ではなく、「全く同じ」と言っても過言ではないほどです。しかし、駐車場の場合には、不動産が管理している駐車場と地主が貸し出ししている所がありますので、この違いから、契約時に支払う金額が変わってくることもあります。注意しましょう。

一般的には、敷金としての賃料と駐車する日からの日割り代金を支払う形式が多いのですが、もちろん、駐車場でいくら必要になるかはことなりますので、敷金・礼金が2ヶ月の場合もあれば、0円の場合もあると思います。ここに、不動産屋が仲介すれば、仲介手数料として、さらに1ヶ月分がプラスされます。敷金だけでなく、契約時に金額が必要になることもありますので、しっかり確認しておくことをオススメします。

ちなみに、東京の場合、屋外駐車場だと、せいぜい月2万円が限界で、場合によっては1万円切るところもありますが、屋内駐車場だと跳ね上がり、少なくとも3万円〜、最大で8万円を超えるところもあります。下手すると家賃より高くなるかもしれません。

解約の場合には、契約書に「○ヶ月前に告知する事」と記載されているはずなので、そのときまでに解約の連絡を行いましょう。解約する日がハッキリしているなら、なおさらです。例えば、2ヶ月前までにとされていた場合は、解約を伝えてから、2ヵ月後までは、駐車代金がとられます。つまり、この場合、使わない日が明日からでも、それをいっていなかった場合、使わなかったとして2ヶ月分余計に取られるという事になります。

Valuable information

コエンザイム入りサプリを選ぶ

Last update:2017/7/21

▲Top

Copyright (C) 賃貸物件.com  All Rights Reserved