賃貸事務所1

賃貸物件 知識学

マンション形態

賃貸事務所1

賃貸事務所2

駐車場

敷金トラブル

お問い合わせ

賃貸事務所1

事務所を借りる場合は、色々な手続きが必要になります。少しお話しましょう。

賃貸事務所の移転

従業員が増えれば、今の事務所では狭くなってしまったために、事務所を移転することも考える必要があります。その際に、移転先を決める際には、何に気をつけなければならないのかを考えたことがあるでしょうか?しっかり、押さえておかないと、業務に差し支えることも考えられるので、注意しておきましょう。では、その気をつけなければならない事とは、何だと思いますか?

賃貸事務所を選ぶときに結構、忘れがちなのが、電気供給量です。ほとんどの事務所の電気供給量は普通のオフィスでは十分なのですが、稀に、足りない場合もあるので気をつけなければなりません。特に、最近はパソコンを始めとする精密機械が増えていますから、いきなりブレーカーが跳んでデータが消えてしまったら、悲惨です。学生の頃、一度だけ経験しましたが、3時間の一瞬でパーでした。あれから、マメに保存するようになったのですが。

それはさておき、パソコンを使用するなら、空調システムも確認しなければなりません。パソコンの場合、使用すれば熱を持ちます。もちろんそれで、壊れるという事はほとんどないでしょうが、人には応えます。そうなれば、業務効率は落ちてしまうので、空調システムは必要でしょう。また、古い物件にはアスベストの危険もありますので、良く調べて借りることが必要となります。

次にインターネットの配線などを整備します。使用しないのであれば、問題ないのですが、使用しないと言う所は稀ですので、絶対に必要となると思います。以上に問題が無ければ次に進みます。

解約と契約内容

まずは解約する旨を伝えます。解約する日を計算に入れて、いつまでに伝えればいいのかを考えましょう。一般的に大型ビルの場合には6ヶ月以上前で、個人経営のビルの場合には3ヶ月くらいとも言われているのですが、あくまで一般的にはですので、契約書に記載されている時期を守るようにしましょう。つまり、移転計画は6ヶ月前にはもう決まっているという事になります。

次に、借りる予定のオフィスの契約をするのですが、まずは、契約内容を読んでみましょう。基本的に、契約する面積と所在地、敷金と礼金の金額と月々の支払額などが契約内容にあるはずです。このときに、念のため、解約の通知なども覚えておくといいでしょう。契約をしたら、1度戻ります。契約前に見せてもらったはずのオフィスのレイアウトでも考えているといいと思います。

次は引越し準備です。引越し準備は、業務に支障をきたさない物からになるでしょうが、基本的には前日初めても、その日で全て終わるはずです。もちろん社員全員で行えばですが。その後、原状回復の費用です。基本的に敷金だけになるでしょうが、気になる部分があるのなら、キレイにしておいてください。原状回復を行う場合には、立会いもしておきましょう。また、この敷金の返還はすぐと言うわけにはならない事があります。覚えておきましょう。

Favorite

便利な郵送買取
http://18kinkaitori.com/

最終更新日:2015/2/27

▲Top

Copyright (C) 賃貸物件.com  All Rights Reserved