マンション形態

賃貸物件 知識学

マンション形態

賃貸事務所1

賃貸事務所2

駐車場

敷金トラブル

お問い合わせ

マンション形態

ウィークリーマンションや、マンスリーマンションマンションには、などもあります。

違いは?

基本的に、一般的な賃貸住宅では、敷金・礼金や保証人などの他にも、色々な手続きがありますし、期間も長期的な場合が多く、さらに、退去は1ヶ月以上前にという場合も多いです。また、ホテルの場合は数週間という単位で宿泊する際には料金も高くなります。また、どちらも必要な家電製品などが無い場合も多いです。基本的に、出張などで数週間や数ヶ月という単位の場合、新しく家電製品を買うのは余計な出費となりやすいのですが、ないと困ります。

そういった際に、ウィークリーマンションやマンスリーマンションを利用します。この2つは一般的に「短期賃貸マンション」とされ、数週間単位、または、数ヶ月単位での契約が可能で、料金もそこまで高くなく、多くの場合は、自炊に必要な、炊飯器や電子レンジ、冷蔵庫などはもちろん、エアコンやパソコン、ベッドなどの家具が一通りそろっています。その上、契約も簡単で、身分証明書だけで契約でき、保証人も必要ないのです。つまり、免許証、または保険証だけで、契約できるという事になります。

もちろん、保証金屋礼金なども必要ない上、生活に必要な家具もほとんどそろっていますので、着替えと歯ブラシと財布という、いわゆる「家出セット(?)」だけで引越しできると言うのが、この「ウィークリーマンション」、「マンスリーマンション」です。

ウィークリーとマンスリー

中学生1年生程度の英語力があれば、もう分かると思いますが、ウィークリーは「weekly」、マンスリーは「monthly」を表しています。つまり、「週」単位か「月」単位かという事です。基本的に、短期宿泊の方を対象にしているのですが、絶対この期間と言うものが無い所が多いようです。ウィークリーマンションやマンスリーマンションとも、1年くらいの長期でも問題ないようです。その辺の詳細は契約のときに聴いてみましょう。

一般的な利用法

最も多いのが、出張のようです。特に何ヶ月と言う場合に多いようですが、1日や2日程度なら、ビジネスホテルを利用するのですが、数週間以上となる場合は、ほとんどが、使用するそうですし、食費も料理ができれば、安くすることも可能となります。そのため、長期の出張の場合などにも、利用する方が多いようです。もちろん、借りている以上は、あなたの部屋となりますので、自由に過ごせます。

派遣社員やアルバイトなどのような方で、ちょっと自宅からでは遠いような場合にも、利用されることが多いそうです。電化製品や家具は一式そろっていますので、引越しのように、荷物を準備する必要もないので、結構人気のようです。また、新入社員の方で、研修の場合にも、使用されることが多いそうで、その際には、地元で物件を探すための借り住まいとして利用している場合もあるそうです。

住宅の立替や増改築などによって、一時的な住居として、ホテルを利用する方もいるのですが、数週間となるとこういった、ウィークリーマンションやマンスリーマンションを利用することをオススメします。1ヶ月以上〜6ヶ月未満なら圧倒的なまでにマンスリーマンションがお得になるケースが多いようです。もちろん、家具の購入も必要ありませんので、経済的にもお得です。

recommend

ダイビングライセンス
http://www.marea.jp/
クラスTシャツの作成
http://www.zeroone.co.jp/

最終更新日:2017/3/2

▲Top

Copyright (C) 賃貸物件.com  All Rights Reserved